進化している犬専用のサプリメントはスゴイ効果が満載

移動を楽にするもの

医師と犬

後ろ足に装着する

人間も病気や怪我などで下半身が動かなくなった場合、足として機能しなくなった場合に代わりに移動を楽にするものとして車椅子が使われます。犬も同様で、病気や怪我の影響で後ろ足が動かなくなったり切断を余儀なくされた時に犬用の車椅子を使うことがあります。犬用の車椅子は、人間のように座れるタイプではなく後ろ足に装着して足の機能として役立てるものになります。犬用の車椅子は、病気の進行を食い止めて負担を減らしリハビリとしても利用できるという特徴があります。高齢になっても運動機能の維持が出来るので、筋肉を衰えさせず万が一寝たきりの状態になっても上体を起こしやすいなど車椅子を取り入れることで様々なメリットがあります。

二輪車と四輪車の選び方

犬の車椅子には二輪車と四輪車があり、病状や怪我の具合、前足の筋力などによって選び方が変わります。前足が丈夫で健康、元気いっぱいな犬の場合は二輪車の方が小回りもきいて自由に動ける範囲が広くなるのでストレスなく動き回れるようになります。逆に、前足があまり丈夫でなく補助なしでは立つことができない場合や体全体的に弱い、高齢である場合は四輪車の方が安定感があって動きやすくなります。その犬にとって最適な車椅子を選ぶには、犬の健康状態や筋力、年齢などあらゆる点を考えながら最終的にふさわしいと判断できる車椅子を選ぶべきです。部分的なオーダーメイドから、完全に全てのパーツをオーダーメイドすることもできるので参考にすると良いです。